# ab/2016001.xml.gz
# ja/2016001.xml.gz


(src)="1"> Аҵакы
(trg)="1"> 目次

(src)="2"> © 2016 Watch Tower Bible and Tract Society of Pennsylvania
(trg)="2"> © 2016 Watch Tower Bible and Tract Society of Pennsylvania

(src)="3"> Еиӷьхозма адунеи , ауаа зегь ари абиблиатә принцип иқәныҟәозҭгьы ?
(trg)="3"> もし ​ だれ ​ も ​ が ​ 次 ​ の ​ 聖書 ​ の ​ 教え ​ に ​ 従う ​ なら , 世 ​ の ​ 中 ​ は ​ もっと ​ 良く ​ なる ​ で しょ ​ う ​ か 。

(src)="4"> « Ҳарҭ . . . иҟаҳҵо зегьы гәык - ԥсык ала , иаша - ҵабыргла иҟаҳҵоит » ( Ауриацәа рахь 13 : 18 ) .
(trg)="4"> 「 わたし たち ​ は … … すべて ​ の ​ こと ​ に ​ おい ​ て ​ 正直 ​ に ​ 行動 ​ し ​ たい ​ と ​ 願 っ ​ て ​ い [ ま ] す 」 。

(src)="5"> Ари аброшиураҿы иануп аиашара ҳаԥсҭазаара ишаныруа .
(trg)="5"> ― ヘブライ 13 : 18 。
(trg)="6"> 今月 ​ 号 ​ で ​ は , 正直 ​ で ​ ある ​ こと ​ が ​ 生活 ​ の ​ あらゆる ​ 面 ​ に ​ どう ​ 影響 ​ する ​ か ​ を ​ 取り上げ ​ ます 。

(src)="6"> Аиашара .
(src)="7"> Ицахьоума уи амода ?
(trg)="7"> 正直 ​ は ​ 時代 ​ 後れ ?

(src)="8"> 3
(trg)="8"> 3

(src)="9"> Аиашамра шаҳныруа 4
(trg)="9"> 不 ​ 正直 ​ の ​ 弊害 4

(src)="10"> Иашарыла анхара заԥсоу 6
(trg)="10"> 正直 ​ は ​ 報 わ ​ れる 6

(src)="11"> Абиблиа аԥсҭазаара аԥсахуеит
(trg)="11"> 聖書 ​ は ​ 人 ​ の ​ 生き方 ​ を ​ 変える

(src)="12"> Исыҭ шықәсызаҵәык акәзаргьы иҭынчу аԥсҭазаара 8
(trg)="12"> 1 ​ 年 ​ だけ ​ で ​ も ​ 平穏 ​ で ​ 幸福 ​ な ​ 生活 ​ を ​ さ せ ​ て ​ くだ さい 8

(src)="13"> Ижәдыруама шәара ?
(trg)="13"> ご存じ ​ で し ​ た ​ か 10

(src)="14"> 10
(src)="15"> Ашәарҭара ацәанырра ҳаиааир шҳалшо 11
(trg)="14"> 不安 ​ な ​ 気持ち ​ を ​ 乗り越える ​ に ​ は 11

(src)="16"> Ажәытәтәи аҟәыӷара иахьатәи аԥсҭазааразы
(trg)="15"> 現代 ​ に ​ 役立つ ​ 古代 ​ の ​ 知恵

(src)="17"> Шәазымхьаалан 15
(trg)="16"> 思い 煩 っ ​ て ​ は ​ なら ​ ない 15

(src)="18"> Иаҳәозеи Абиблиа ?
(src)="19"> 16
(trg)="17"> 聖書 ​ は ​ 何 ​ と ​ 述 べ ​ て ​ いる ​ か 16

# ab/2016002.xml.gz
# ja/2016002.xml.gz


(src)="1"> АЦӘА́ АҞЫНТӘ ИААГОУ АТЕМА | ИАԤСОУМА ИАШАРЫЛА АНХАРА ?
(trg)="1"> 特集 ​ 記事 | 正直 なぜ ​ 大切 ?

(src)="2"> Хитоси Иапониа ауаа аусурҭа ахьырзырыԥшаауа аҭыԥ аҿы аҳасабеилыргаҩыс аус иуан .
(trg)="2"> 恒 ​ は , 人材 ​ 派遣 ​ 会社 ​ で ​ 経理 ​ の ​ 仕事 ​ を ​ し ​ て ​ い ​ まし ​ た 。

(src)="3"> Афинанстә ҳасабырба ангәарҭоз , аусура аиҳабы Хитоси иеиҳәеит хыԥхьаӡарақәак ииашамкәа ианиҵарц .
(trg)="3"> 上司 ​ と ​ 仕事 ​ の ​ 内容 ​ を ​ 確認 ​ し ​ て ​ い ​ た ​ 時 , 経理 ​ 書類 ​ を ​ 改ざん ​ する ​ よう ​ 求め ​ ら れ ​ まし ​ た 。

(src)="4"> Аха Хитоси иҳәеит амцҳәара иламыс ишаҵанамкуа .
(trg)="4"> それで , 「 良心 ​ 上 , 不 ​ 正直 ​ な ​ こと ​ は ​ でき ​ ない 」 と ​ 説明 ​ し ​ た ​ ところ , 解雇 ​ する ​ と ​ 言 わ ​ れ , 結局 ​ は ​ 職 ​ を ​ 失う ​ こと ​ に ​ なり ​ まし ​ た 。

(src)="5"> Иара ус ҟаимҵар аусура дшамырхуа иарҳәеит , нас дагьамырхит .
(trg)="5"> 恒 ​ は ​ その ​ 後 ​ の ​ 数 ​ か 月 , 再 ​ 就職 ​ の ​ こと ​ で ​ 悩み ​ まし ​ た 。

(src)="6"> Мызқәак ҵит .
(src)="7"> Хитоси даара игәнигон аусурҭа ахьизымԥшаауаз .
(trg)="6"> ある ​ 会社 ​ の ​ 面接 ​ を ​ 受け ​ た ​ 時 ​ など , 「 不 ​ 正直 ​ な ​ こと ​ は ​ でき ​ ない 」 と ​ 述べる ​ と , 面接 ​ 担当 ​ 者 ​ から 「 変 わっ ​ た ​ 考え方 ​ だ 」 と ​ 言 わ ​ れ ​ まし ​ た 。

(src)="8"> Зны усурак аҿы дрыдыркыларц данрацәажәоз , иара иҳәеит аусураҿы амцҳәара дшақәшаҳаҭымхо .
(trg)="7"> 家族 ​ や ​ 友人 ​ たち ​ は , これ ​ から ​ も ​ 正直 ​ に ​ 行動 ​ する ​ よう ​ 励 まし ​ て ​ く れ ​ まし ​ た 。

(src)="9"> Уа дзацәажәоз ус иҳәеит : « Шәара шәхәыцшьа аилкаара цәгьоуп ! »
(trg)="8"> しかし , 気持ち ​ が ​ 揺らぐ ​ こと ​ も ​ あり , 「 仕事 ​ を ​ 得る ​ ため ​ に ​ は , 正直 ​ に ​ 信仰 ​ の ​ 立場 ​ を ​ 話 さ ​ ない ​ ほう ​ が ​ 良い ​ の ​ か 」 と ​ 考え ​ たり ​ も ​ し ​ まし ​ た 。

(src)="10"> Хитоси иҩызцәеи иуацәеи игәазҭарҵон игәаанагара имԥсахырц , аха иара алак - ҩакра далагеит .
(trg)="9"> 恒 ​ の ​ 経験 ​ から ​ も ​ 分かる ​ よう ​ に , 今 ​ の ​ 世 ​ の ​ 中 ​ で ​ は ​ だれ ​ も ​ が ​ 正直 ​ を ​ 重んじる ​ わけ ​ で ​ は ​ あり ​ ま せ ​ ん 。

(src)="11"> Уи иҳәеит : « Иҟасҵара сыздырам , иаԥсоума иаразнак иаартны аҳәара сыгәрахаҵара аӡбахә ? » .
(trg)="10"> 実際 , 特に ​ ビジネス ​ の ​ 世界 ​ で ​ は , 正直 ​ 者 ​ は ​ 馬鹿 ​ を ​ 見る , と ​ 考える ​ 人 ​ さえ ​ い ​ ます 。

(src)="12"> Илахьеиқәҵагоуп , аха Хитоси ихҭыс иаанарԥшуеит аиашаҳәара хара уагом ҳәа зыԥхьаӡо ауаа шыҟоу .
(trg)="11"> 南 ​ アフリカ ​ で ​ 働く ​ ある ​ 女性 ​ は ​ こう ​ 述 べ ​ て ​ い ​ ます 。 「

(src)="13"> Иаҳҳәап , шьоукы ирыԥхьаӡоит аусураҿы уи иуԥырхагоу ак ауп ҳәа .
(trg)="12"> 周囲 ​ は ​ 不 ​ 正直 ​ な ​ こと ​ を ​ する ​ 人 ​ ばかり ​ です 。

(src)="14"> « Сара еснагь исықәшәоит амц зҳәо ауаа , — лҳәеит Аладатәи Африка аус зуа ԥҳәыск , — зны - зынла дара реиԥш схы мҩаԥызгап ҳәа ахәыцра салагоит » .
(trg)="13"> 同じ ​ こと ​ を ​ する ​ よう ​ 強い ​ 圧力 ​ を ​ かけ ​ られる ​ 時 ​ も ​ あり ​ ます 」 。

(src)="15"> Иахьа даара ирацәоуп амц зҳәо ауаа .
(trg)="14"> 今日 , 特に ​ 広 く ​ 見 ​ られる ​ の ​ は , うそ ​ を ​ つく ​ こと ​ です 。

(src)="16"> Амхерст иҟоу Массачусетстәи ауниверситет аҿы аус зуа апсихолог Роберт Фельдман шықәсқәак раԥхьа имҩаԥигоз аҭҵаарақәа иаадырԥшит 60 процент зықәра наӡахьо ауаа жәа - минуҭк рахь знык , ма еиҳаны амц шырҳәо .
(trg)="15"> 数 ​ 年 ​ 前 , マサチューセッツ ​ 大学 ​ アマースト ​ 校 ​ の ​ 心理 ​ 学 ​ 者 ​ ロバート ​ ・ ​ S ​ ・ ​ フェルドマン ​ の ​ 研究 ​ に ​ よ っ ​ て , 大人 ​ の ​ 60 ​ % ​ が ​ 10 ​ 分 ​ の ​ 会話 ​ の ​ 間 ​ に ​ 少 なく ​ と ​ も ​ 1 ​ 回 ​ は ​ うそ ​ を ​ つく ​ こと ​ が ​ 分 か り ​ まし ​ た 。 「
(trg)="16"> 非常 ​ に ​ 意外 ​ な ​ 結果 ​ だ っ ​ た 。

(src)="17"> « Имҩаԥгаз аҭҵаара иаҳнарбаз даара иџьоушьартә иҟан , — иҳәеит Фельдман . — Ҳара ҳгәы иаанагомызт амцҳәара убриаҟара ауаа ирылаҵәоуп ҳәа » .
(trg)="17"> うそ ​ を ​ つく ​ こと ​ が ​ それ ​ ほど ​ 日常 ​ 的 ​ に ​ 行 な わ ​ れ ​ て ​ いる ​ と ​ は ​ 思 っ ​ て ​ も ​ み ​ なか っ ​ た 」 と ​ フェルドマン ​ は ​ 述 べ ​ て ​ い ​ ます 。

(src)="18"> Уамашәа иубаратәы иҟоуп : аӡәырҩы ауаа дара аныржьо рцәымӷуп , аха рхаҭа егьырҭ ауаа ржьоит .
(trg)="18"> うそ ​ を ​ つ か ​ れる ​ こと ​ を ​ 嫌う ​ 人 ​ が ​ ほとんど ​ な ​ の ​ に , うそ ​ を ​ つく ​ こと ​ が ​ 当たり前 ​ に ​ な っ ​ て ​ いる , と ​ いう ​ の ​ は ​ おかしな ​ 話 ​ で ​ は ​ ない ​ で しょ ​ う ​ か 。

(src)="19"> Избан амцҳәара , аӷьычра , насгьы егьырҭ аус бааԥсқәа иахьа абас ауаа изрылаҵәо ?
(trg)="19"> 今日 , うそ ​ や ​ 盗み ​ など ​ の ​ 不 ​ 正直 ​ が ​ それ ​ ほど ​ 当たり前 ​ に ​ な っ ​ て ​ いる ​ の ​ は ​ なぜ ​ で しょ ​ う ​ か 。

(src)="20"> Ишԥарныруеи аиашамра ауаа зегь адунеи аҿы ?
(trg)="20"> 不 ​ 正直 ​ は ​ 社会 ​ 全体 ​ に ​ どんな ​ 影響 ​ を ​ 及 ぼ し ​ て ​ い ​ ます ​ か 。

(src)="21"> Аха еиҳарак ихадоу , ҳхы шԥацәаҳахьчари ҳара аиашамра ?
(trg)="21"> また , もっと ​ 大切 ​ な ​ こと ​ と ​ し ​ て , どう ​ す れ ​ ば ​ 不 ​ 正直 ​ な ​ 行 ない ​ に ​ 関係 ​ する ​ の ​ を ​ 避 け ​ られる ​ で しょ ​ う ​ か 。

# ab/2016003.xml.gz
# ja/2016003.xml.gz


(src)="1"> АЦӘА́ АҞЫНТӘ ИААГОУ АТЕМА | ИАԤСОУМА ИАШАРЫЛА АНХАРА ?
(trg)="1"> 特集 ​ 記事 | 正直 なぜ ​ 大切 ?

(src)="2"> « Аԥсҭазаараҿы имариам аҭагылазаашьақәа ҟалар алшоит , урҭ рыӡбараҿы зны - зынла амцҳәара уцхраауеит » ( Саманта , Аладатәи Африка ) .
(trg)="2"> 「 厄介 ​ な ​ こと ​ も , ちょっと ​ うそ ​ を ​ つく ​ だけ ​ で ​ 切り 抜 け ​ ら れ ​ たり ​ し ​ ます 」 。
(trg)="3"> ― サマンサ , 南 ​ アフリカ 。

(src)="3"> Шәрықәшаҳаҭума шәара арҭ ажәақәа ?
(trg)="4"> あなた ​ も ​ そう ​ 思い ​ ます ​ か 。

(src)="4"> Саманта леиԥш , ҳаргьы аамҭа - аамҭала имариам аҭагылазаашьақәа ҳрықәшәоит .
(trg)="5"> だれ ​ に ​ で ​ も , サマンサ ​ の ​ よう ​ に , 厄介 ​ な ​ 経験 ​ を ​ し ​ た ​ こと ​ が ​ ある ​ もの ​ です 。

(src)="5"> Убасҟан ҳхы шымҩаԥаҳго иаанарԥшуеит ҳаԥсҭазаараҿы еиҳа зыхә ҳшьо .
(trg)="6"> そんな ​ 時 ​ に ​ どう ​ 反応 ​ する ​ か ​ に ​ よ っ ​ て , その ​ 人 ​ の ​ 価値 ​ 観 ​ が ​ 明らか ​ に ​ なり ​ ます 。

(src)="6"> Иаҳҳәап , ҳрепутациа ахьчара ҳара ҳзы зегь реиҳа ихадазар , усҟан ҳгәы иаанагар алшоит уи анагӡараҿы амцҳәара ҳацхраауеит ҳәа .
(trg)="7"> 例えば , 体面 ​ を ​ 最も ​ 重視 ​ し ​ て ​ いる ​ 人 ​ は , うそ ​ を ​ つい ​ たり ​ する ​ の ​ も ​ やむ ​ を ​ 得 ​ ない ​ と ​ 考える ​ で しょ ​ う 。

(src)="7"> Аха аиаша анаатлак , уи алҵшәа бааԥсқәа аанагар алшоит .
(trg)="8"> しかし , 真実 ​ が ​ 明らか ​ に ​ なる ​ と ​ 大抵 , 良く ​ ない ​ 結果 ​ を ​ 身 ​ に ​ 招く ​ こと ​ に ​ なり ​ ます 。

(src)="8"> Ауаа реизыҟазаашьақәа рҿы агәреибагара даара ихадоуп .
(trg)="9"> 以下 ​ の ​ 点 ​ に ​ つい ​ て ​ 考え ​ て ​ み ​ て ​ くだ さい 。

(src)="9"> Ҩыџьа ауаа агәреибагара анрыбжьо , усҟан дара реиҩызара абаагәара еиԥшхоит .
(trg)="10"> 人間 ​ 関係 ​ は , 信頼 ​ の ​ 上 ​ に ​ 築 か ​ れ ​ ます 。

(src)="10"> Аха агәреибагара иаразнак ицәырҵуам .
(trg)="11"> 互い ​ を ​ 信頼 ​ し ​ て ​ いる ​ なら , 安心 ​ 感 ​ を ​ 抱 け ​ ます 。

(src)="11"> Ауаа агәреибагара рыбжьалоит аамҭа анеицырхырго , аиаша анеибырҳәо , насгьы рхатә феида ианашьҭам .
(trg)="12"> と ​ は ​ いえ ​ 信頼 ​ は , 一夜 ​ に ​ し ​ て ​ 生 ま ​ れる ​ もの ​ で ​ は ​ あり ​ ま せ ​ ん 。

(src)="12"> Аха мцык азы рџьабаа зегь аӡы иагар алшоит .
(trg)="13"> 一緒 ​ に ​ 時間 ​ を ​ 過 ご し , 率直 ​ に ​ 意思 ​ を ​ 通 わせ , 私心 ​ なく ​ 行動 ​ する ​ こと ​ に ​ よ っ ​ て , 築 か ​ れる ​ の ​ です 。

(src)="13"> Агәреибагара анырцәыӡлак , уи аиҭашьақәыргылара даара иуадаҩхоит .
(trg)="14"> しかし , た っ ​ た ​ 一度 ​ の ​ 不 ​ 正直 ​ に ​ よ っ ​ て ​ 打ち 砕 か ​ れる ​ こと ​ も ​ あり ​ ます 。

(src)="14"> Шәижьахьома шәара зныкыр аҩыза гәакьа ҳәа ишәыԥхьаӡоз ауаҩы ?
(trg)="15"> そして , いったん ​ 損 な わ ​ れる ​ と , 再び ​ 築く ​ の ​ は ​ 非常 ​ に ​ 難 しく ​ なり ​ ます 。

(src)="15"> Ааи акәзар , иарбан цәаныррақәоу уи ишәызцәырнагаз ?
(trg)="16"> あなた ​ は , 親友 ​ だ ​ と ​ 思 っ ​ て ​ い ​ た ​ 人 ​ に ​ だ まさ ​ れ ​ た ​ こと ​ が ​ あり ​ ます ​ か 。

(src)="16"> Ҳәарада , уи шәгәы шәнархьит , насгьы шәырҭиизшәа шәхы жәбон .
(trg)="17"> ある ​ と ​ し ​ たら , どう ​ 感じ ​ まし ​ た ​ か 。

(src)="17"> Шәцәаныррақәа еилкаауп .
(trg)="18"> 心 ​ を ​ 傷 つけ ​ ら れ ​ た ​ こと ​ で しょ ​ う 。

(src)="18"> Ииашаҵәҟьаны , уи аҩыза аҭагылазаашьаҿы иуцәыӡыр алшоит ибзиоу аизыҟазаашьақәа зырӷәӷәо агәреибагара .
(trg)="19"> 裏 切 ら ​ れ ​ た ​ と ​ さえ ​ 感じ ​ た ​ か ​ も ​ し れ ​ ま せ ​ ん 。

(src)="19"> Калифорниатәи ауниверситет аҿы аус зуа аекономика апрофессор Роберт Иннес имҩаԥигаз аҭҵаарақәа иаадырԥшит « аиашамра аҿкы ишаҩызоу » .
(trg)="20"> それ ​ も ​ 当然 ​ です 。
(trg)="21"> せっかく ​ 築 き 上げ ​ た ​ 人間 ​ 関係 ​ が ​ 不 ​ 正直 ​ に ​ よ っ ​ て ​ 台 なし ​ に ​ なる ​ から ​ です 。

(src)="20"> Уи иаҿурԥшыр ҟалоит авирус — амц зҳәо ауаа заҟа лассы - лассы урацәажәо , убриаҟара еиҳахоит уи « авирус акра » ашәарҭара .
(trg)="22"> カリフォルニア ​ 大学 ​ の ​ 経済 ​ 学 ​ 教授 ​ ロバート ​ ・ ​ イネス ​ の ​ 研究 ​ に ​ よる ​ と , 「 不 ​ 正直 ​ は ​ まさしく ​ 伝染 」 し ​ ます 。

(src)="21"> Иҟаҵатәузеи , ари ацәҟьа ҳаҿамшәарц азы ?
(trg)="23"> ですから , ウイルス ​ に ​ 例える ​ こと ​ が ​ でき ​ ます 。

(src)="22"> Уи аҿы иҳацхраауеит Абиблиа .
(trg)="24"> 不 ​ 正直 ​ な ​ 人 ​ と ​ 接す れ ​ ば ​ 接する ​ ほど , 不 ​ 正直 ​ に “ 感染 ​ する ” リスク ​ は ​ 高まる ​ の ​ です 。

(src)="23"> Шәааи ҳарзааҭгылап абиблиатә принципқәак .
(trg)="25"> では , どう ​ す れ ​ ば ​ 自分 ​ 自身 ​ が ​ 不 ​ 正直 ​ に ​ なる ​ こと ​ を ​ 避 け ​ られる ​ で しょ ​ う ​ か 。

(src)="24"> ИЗАКӘЫЗЕИ УИ ?
(trg)="26"> その ​ 点 ​ で , 聖書 ​ は ​ 助け ​ に ​ なり ​ ます 。

(src)="25"> Аиаша адырра азин змоу аӡәы ииашам аинформациа изнагара .
(trg)="27"> どう ​ いう ​ 行為 ​ か 真実 ​ を ​ 知る ​ 権利 ​ の ​ ある ​ 人 ​ に ​ 偽り ​ を ​ 語る ​ こと 。

(src)="26"> Амцҳәарахь иаҵанакуеит аӡәы ирҩашьаразы афактқәа реицакра , егьырҭ ржьаразы ихадоу аинформациа аҵәахра , насгьы ауаа агәаанагара бзиа рзынхарц азы аҵабырг иҟам - иным ала арԥшӡара .
(src)="27"> ИАҲӘОЗЕИ АБИБЛИА ?
(trg)="28"> それ ​ に ​ は , 人 ​ を ​ 惑わす ​ ため ​ に ​ 事実 ​ を ​ 誤り 伝え ​ たり ​ 歪 め ​ たり ​ する ​ こと ​ や , 人 ​ を ​ 欺く ​ ため ​ に ​ 重要 ​ な ​ 情報 ​ を ​ 伝え ​ ない ​ こと , 間 違 っ ​ た ​ 印象 ​ を ​ 与える ​ ため ​ に ​ 事実 ​ を ​ 誇張 ​ する ​ こと ​ など ​ が ​ 含 ま ​ れ ​ ます 。

(src)="28"> « Иегова ауаҩы гьангьаш дицәымӷуп , зыламыс цқьоу рыгәра игоит » ( Ажәамаанақәа [ Притчи ] 3 : 32 ) .
(trg)="29"> 聖書 ​ の ​ 言葉 : 「 ねじ く れ ​ た ​ 人 ​ は ​ エホバ ​ に ​ と っ ​ て ​ 忌む ​ べ き ​ もの ​ で ​ あり , 神 ​ の ​ 親密 ​ さ ​ は ​ 廉直 ​ な ​ 者 ​ たち ​ と ​ 共 ​ に ​ ある 」 。 (

(src)="29"> « Убри аҟнытә амцҳәара мап ацәкны доусы иуԥну , иузааигәоу иаша - ҵабыргла уиацәажәа » ( Ефесаа рахь 4 : 25 ) .
(trg)="30"> 箴言 3 : 32 ) 「 あなた 方 ​ は ​ 偽り ​ を ​ 捨 て 去 っ ​ た ​ の ​ ですから , おのおの ​ 隣人 ​ に ​ 対 し ​ て ​ 真実 ​ を ​ 語り ​ な さい 」 。

(src)="30"> ИЗАКӘЫЗЕИ УИ ?
(trg)="31"> ― エフェソス 4 : 25 。

(src)="31"> Ишымцу дырны , аӡәы ихьӡ зырцәгьо аинформациа аларҵәара ауп .
(src)="32"> ИАҲӘОЗЕИ АБИБЛИА ?
(trg)="32"> どう ​ いう ​ 行為 ​ か 悪意 ​ を ​ 持 っ ​ て ​ 偽り ​ を ​ 語り , 人 ​ の ​ 評判 ​ を ​ 傷つける ​ こと 。

(src)="33"> « Ацәгьаршҩы аҳәоуеиқәымшәара ааигоит , аӡәы ацәгьа изызҳәо аҩызцәа гәакьақәа еилихуеит » ( Ажәамаанақәа [ Притчи ] 16 : 28 ) .
(trg)="33"> 聖書 ​ の ​ 言葉 : 「 悪巧み ​ を ​ する ​ 者 ​ は ​ 常 ​ に ​ 口論 ​ を ​ 送り 出し , 中傷 ​ する ​ 者 ​ は ​ 親密 ​ な ​ 者 ​ たち ​ を ​ 引き 離 し ​ て ​ ゆく 」 。 (

(src)="34"> « Амҿы ахьыҟам амца ыцәоит , аӡәы ацәгьа изызҳәо даныҟам , аимак аангылоит » ( Ажәамаанақәа [ Притчи ] 26 : 20 ) .
(trg)="34"> 箴言 16 : 28 ) 「 まき ​ が ​ な け れ ​ ば ​ 火 ​ は ​ 消 え , 中傷 ​ する ​ 者 ​ が ​ い ​ な け れ ​ ば ​ 口論 ​ は ​ 静まる 」 。

(src)="35"> ИЗАКӘЫЗЕИ УИ ?
(trg)="35"> ― 箴言 26 : 20 。

(src)="36"> Аӡәы иԥара , ма имал мцҳәарала ицәгара .
(src)="37"> ИАҲӘОЗЕИ АБИБЛИА ?
(trg)="36"> どう ​ いう ​ 行為 ​ か 偽り ​ を ​ 語 っ ​ て , 人 ​ から ​ 金品 ​ を ​ だまし取る ​ こと 。

(src)="38"> « Думжьан зҭагылазаашьа цәгьоу , игәаҟу , қьырала аус зуа ауаҩы » ( Ҩынтәзакәан [ Второзаконие ] 24 : 14 , 15 ) .
(trg)="37"> 聖書 ​ の ​ 言葉 : 「 雇 わ ​ れ ​ た ​ 労働 ​ 者 ​ で , 困苦 ​ に ​ ある ​ 貧しい ​ 者 ​ から ​ だ まし 取 っ ​ て ​ は ​ なら ​ ない 」 。 (

(src)="39"> « Иӷару дызжьо уи ауаҩы Дызшаз дирџьоит , игәаҟу ауаҩы изыразу Иара дҳареикуеит » ( Ажәамаанақәа [ Притчи ] 14 : 31 ) .
(trg)="38"> 申 命 記 24 : 14,15 ) 「 立場 ​ の ​ 低い ​ 者 ​ から ​ だ まし 取 っ ​ て ​ いる ​ 者 ​ は ​ その ​ 造り 主 ​ を ​ そ し っ ​ た ​ の ​ で ​ ある 。

(src)="40"> ИЗАКӘЫЗЕИ УИ ?
(trg)="40"> ― 箴言 14 : 31 。

(src)="41"> Аӡәы атәым мал анитәитәуа .
(trg)="41"> どう ​ いう ​ 行為 ​ か 他 ​ の ​ 人 ​ の ​ もの ​ を ​ 許可 ​ なく ​ 取る ​ こと 。

(src)="42"> ИАҲӘОЗЕИ АБИБЛИА ?
(trg)="42"> 聖書 ​ の ​ 言葉 : 「 盗む ​ 者 ​ は ​ もう ​ 盗 ん ​ で ​ は ​ なり ​ ま せ ​ ん 。

(src)="43"> « Аӷьычра иаҿу — узҿу уаҟәыҵ , ухатә џьабаала ухы ныҟәгала , агәаҟцәа , ананамгацәа урыцхраала » ( Ефесаа рахь 4 : 28 ) .
(trg)="43"> むしろ , 骨折 っ ​ て ​ 働き , 自分 ​ の ​ 手 ​ で ​ 良い ​ 業 ​ を ​ 行 ない , 窮乏 ​ し ​ て ​ いる ​ 人 ​ に ​ 分け与える ​ こと ​ が ​ できる ​ よう ​ に ​ し ​ な さい 」 。 (

(src)="44"> « Шәгәышәҽаныз , шәхы шәымжьаразы . . .
(trg)="44"> エフェソス 4 : 28 ) 「 惑 わ さ ​ れ ​ て ​ は ​ なり ​ ま せ ​ ん 。

(src)="45"> Убас аӷьычцәа , аԥсы қым - қымцәа — аҵарҭышагацәа , аҩыжәцәа , абызхәаԥсақәа , амҵарсцәа — Анцәа Иԥсҳара роураны иҟам » ( 1 Коринфаа рахь 6 : 9 , 10 ) .
(trg)="45"> … … 盗む ​ 者 , 貪欲 ​ な ​ 者 , 大 酒 ​ 飲 み , ののしる ​ 者 , ゆすり 取る ​ 者 ​ は ​ いずれ ​ も ​ 神 ​ の ​ 王国 ​ を ​ 受け 継 が ​ ない ​ の ​ です 」 。
(trg)="46"> ― コリント ​ 第 ​ 一 6 : 9,10 。

# ab/2016004.xml.gz
# ja/2016004.xml.gz


(src)="1"> АЦӘА́ АҞЫНТӘ ИААГОУ АТЕМА | ИАԤСОУМА ИАШАРЫЛА АНХАРА ?
(trg)="2"> 「 わたし たち ​ は ​ 正直 ​ な ​ 良心 ​ を ​ 抱 い ​ て ​ いる ​ と ​ 信 じ ​ て ​ い ​ ます 。

(src)="2"> « Ҳарҭ ҳаламыс ацқьара , ахирра агәра ҳгоит , иҟаҳҵо зегьы гәык - ԥсык ала , иаша - ҵабыргла иҟаҳҵоит » ( Ауриацәа рахь 13 : 18 ) .
(trg)="3"> すべて ​ の ​ こと ​ に ​ おい ​ て ​ 正直 ​ に ​ 行動 ​ し ​ たい ​ と ​ 願 っ ​ て ​ いる ​ から ​ です 」 。
(trg)="4"> ― ヘブライ 13 : 18 。

(src)="3"> Абиблиаҿы иуԥыло « аиашара » ҳәа еиҭагоу ажәытәбырзен ажәа иаанагоит « ибзиаҵәҟьоу » .
(trg)="5"> 聖書 ​ 中 ​ で 「 正直 」 と ​ 訳 さ ​ れる ​ こと ​ の ​ ある ​ 原語 ​ の ​ ギリシャ ​ 語 ​ に ​ は , 「 本質 ​ 的 ​ に ​ 善 」 と ​ いう ​ 意味 ​ が ​ あり ​ ます 。

(src)="4"> Иара убас уи ажәа иаанагар алшоит агәаԥхашәара аганахьала иԥшӡоу акы .
(trg)="6"> また , 道徳 ​ 的 ​ な ​ 観点 ​ から ​ 美しい ​ こと , と ​ いう ​ 意味 ​ も ​ あり ​ ます 。

(src)="5"> Ақьырсианцәа хшыҩзышьҭрала иазнеиуеит Анцәа идоуҳала иаԥҵоу апостол Павел иажәақәа : « Ҳарҭ . . . иҟаҳҵо зегьы гәык - ԥсык ала , иаша - ҵабыргла иҟаҳҵоит » .
(trg)="7"> クリスチャン ​ は , 使徒 ​ パウロ ​ が ​ 神 ​ に ​ 導 か ​ れ ​ て ​ 記 し ​ た , 「 わたし たち ​ は … … すべて ​ の ​ こと ​ に ​ おい ​ て ​ 正直 ​ に ​ 行動 ​ し ​ たい ​ と ​ 願 っ ​ て ​ いる 」 と ​ いう ​ 言葉 ​ を ​ 真剣 ​ に ​ 受け 止め ​ て ​ い ​ ます 。

(src)="6"> Иаҵанакуазеи уахь ?
(src)="7"> Есышьыжь еиҳараҩык ауаа адәахьы идәылҵаанӡа асаркьа ианыԥшылоит .
(trg)="8"> では , すべて ​ の ​ こと ​ に ​ おい ​ て ​ 正直 ​ に ​ 行動 ​ する ​ に ​ は , どう ​ し ​ たら ​ よい ​ で しょ ​ う ​ か 。

(src)="8"> Избан ?
(trg)="9"> 大抵 ​ の ​ 人 ​ は , 毎朝 , 出かける ​ 前 ​ に ​ 鏡 ​ で ​ 自分 ​ を ​ 見る ​ もの ​ です 。

(src)="9"> Избанзар рҭеиҭыԥш бзиазарц рҭахуп .
(trg)="10"> 一番 ​ 良い ​ 自分 ​ を ​ 見 せ ​ たい ​ から ​ です 。

(src)="10"> Аха иҟоуп акы амода иақәыршәаны аҽеилаҳәареи ахцәыҟаҵареи раасҭа ихадоу .
(trg)="11"> と ​ は ​ いえ , おしゃれ ​ な ​ ヘアスタイル ​ を ​ し ​ たり ​ 流行 ​ の ​ 服 ​ を ​ 着 ​ たり ​ する ​ より ​ も ​ はるか ​ に ​ 大切 ​ な ​ こと ​ が ​ あり ​ ます 。

(src)="11"> Аԥшӡара ҳазҭо , ма иҳамызхуа ҩныҵҟала ҳзеиԥшроу ауп .
(trg)="12"> それ ​ は , 自分 ​ の ​ 内面 ​ が ​ どうか , と ​ いう ​ こと ​ です 。

(src)="12"> Анцәа Иажәаҿы иаартны иануп ауаа ацәгьа аҟаҵарахь рхы шхо .
(trg)="13"> 実際 , 内面 ​ が ​ 外見 ​ を ​ 引き立てる ​ こと ​ も ​ あれ ​ ば ​ 損なう ​ こと ​ も ​ ある ​ の ​ です 。

(src)="13"> « Дхәыҷаахыс [ ауаҩы ] игәы ацәгьарахь ихоуп » , — иануп Аҟазаара ( Бытие ) 8 : 21 аҟны .
(trg)="15"> 創世 記 8 ​ 章 ​ 21 ​ 節 ​ に ​ は , 「 人 ​ の ​ 心 ​ の ​ 傾向 ​ は ​ その ​ 年 若い ​ 時 ​ から ​ 悪い 」 と ​ 述 べ ​ ら れ ​ て ​ い ​ ます 。

(src)="14"> Убри аҟынтә ҳиашаны ҳаанхаларц азы иҳациз игәнаҳау агәазыҳәарақәа ҳарҿагылалароуп .
(trg)="16"> ですから , わたし たち ​ は ​ 生来 ​ の ​ 罪深い ​ 傾向 ​ と ​ 闘 わ ​ な け れ ​ ば ​ なり ​ ま せ ​ ん 。

(src)="15"> Абар апостол Павел дшахцәажәаз иара ихаҭа агәнаҳа дшаҿагылоз : « Ҩнуҵҟала , аханатә , Анцәа изакәан сазыразуп ; Аха сара сцәеижь аҿы аус ауеит даҽа закәанк , ари азакәан сара сыхшыҩ - сдырра иабашьуеит , уи сцәеижь ахәҭақәа зыххәыцуа агәнаҳаратә закәанԥҟарақәа тәыс ирымоу аӡә сакәны сҟанаҵоит » ( Римаа рахь 7 : 22 , 23 ) .
(trg)="17"> 使徒 ​ パウロ ​ も ​ 罪 ​ に ​ 対する ​ 自分 ​ 自身 ​ の ​ 闘い ​ に ​ つい ​ て , 包み 隠し ​ なく ​ こう ​ 述 べ ​ まし ​ た 。 「
(trg)="18"> わたし ​ は , 内 ​ なる ​ 人 ​ に ​ し ​ た ​ が ​ え ​ ば ​ 神 ​ の ​ 律法 ​ を ​ ほんとう ​ に ​ 喜 ん ​ で ​ い ​ ます ​ が , 自分 ​ の ​ 肢体 ​ の ​ 中 ​ で ​ は ​ 別 ​ の ​ 律法 ​ が ​ わたし ​ の ​ 思い ​ の ​ 律法 ​ と ​ 戦い , わたし ​ を ​ とりこ ​ に ​ し ​ て ​ 肢体 ​ の ​ 中 ​ に ​ ある ​ 罪 ​ の ​ 律法 ​ へ ​ と ​ 引 い ​ て ​ 行く ​ の ​ を ​ 見 ​ ます 」 。

(src)="16"> Ҳгәы ицәгьоу ак аҟаҵара анҳаҵанаҳәо , насгьы ииашамкәа ахымҩаԥгара ҳаныхнахуа , ҳара уалс иҳадым ҳгәазыҳәарақәа рықәныҟәара .
(trg)="19"> ― ローマ 7 : 22,23 。
(trg)="20"> わたし たち ​ に ​ も , 悪 ​ に ​ 走 ろ ​ う ​ と ​ する ​ 衝動 ​ や ​ 不 ​ 正直 ​ な ​ こと ​ を ​ し ​ よう ​ と ​ する ​ 強い ​ 傾向 ​ が ​ あり ​ ます 。